首里城

今日は沖縄本島で地上戦が終わったとされる6月23日、沖縄慰霊の日。昨年10月に火災に遭った首里城。自分は3度訪ねている。

1度目 - 高校の修学旅行で。


19年も前になる。出発前沖縄に台風が来る予報があり、直前まで修学旅行自体の中止の連絡を待ったが電話はなかった。名古屋空港から飛んだ沖縄・那覇の空は青かった。首里城に向かうバスで、ガイドさんが沖縄民謡の「安里屋ユンタ」(あさどやゆんた)を歌ってくれた。守礼門から上り正殿についても、空は青かった。それ以降修学旅行で青い空を見ることはなかった。雨がやんだ次の記憶は、最終日の国際通りだった。大雨と暴風で予定は崩れた。その時名古屋は東海豪雨だった。


2度目 - 友人と

「沖縄に行こうぜ」といって大学時代の友人と行った。修学旅行の時には工事中だった沖縄モノレールに乗って。守礼門の手前に小学校があることに気がつく。正殿に向かって太陽を背に登っていく。登った先には日にくれかかった正殿があった。ガイドツアーに参加することにした。参加者はうちらともう一人。うちらは2人共障害があり、ツアーの説明は自然とゆっくりになった。そんなツアーに根気強く付き合ってくれた。これも大切な首里城の思い出だ。


真っ赤な正殿

3度目 - 家族と

沖縄本島をレンタカーでゆっくり巡った。入り江でゆっくりして城跡をみて、これまた夕方首里城についた。守礼門の手前の小学校の味があった門は新年度に向けて付け替えの工事中だった。正殿を見終わって石畳をゆっくり下っていったのが印象に残っている。

沖縄に行くときは、いつも自分以外の誰かが「沖縄に行こう。」と提案してくれ、時間をかけて行くところをねっていた。守礼門をくぐって坂を登ればいつも眩しいほどの真っ赤な正殿があった。それが「沖縄に来た。」と実感できるひとときだった。いろいろな歴史をくぐり抜けてもなお、そびえ立つ真っ赤な首里城に「エネルギーをもらいに行く。」という感覚に、行くたびになってきた。

火災のニュースを聞いたときは、力が抜けてしまった。もしも願いが叶うなら、再建後また沖縄に行き真っ赤な首里城をみたい。

この間にツイートしたもの
小説 「宝島」を読んで (真藤順丈さん作)
https://twitter.com/chabin_desuga/status/1222801596897054720
https://twitter.com/chabin_desuga/status/1226032038588715009


夕暮れのドブロブニクにて。

今日は、金曜日。金曜日の夜っていろいろあるが、忘れちゃいけないものとして、“金ロー”があるのではなかろうか。。ジブリやったり、コナンやったり、ルパンやったり。今夜は“魔女の宅急便”。ちなみにジブリ特集 来週は“思い出のマーニー”らしいです。やっとこのことをブログに書ける日がきた。2年近くスマホの画面とにらめっこしてた。にらめっこしてた割に・・・・。

2018年7月11日。クロアチア ドブロブニクに夕方到着した。山道からドブロブニクの街にゆっくり下っていく。海のキラキラ。サザンをスマホで聞いていた。夕食まで時間はあるから、とりあえず旧市街を散策しようとツアコンさん。

ゆっくり進む。この店おすすめですよとか。ピレ門をくぐり旧市街。この日の夜は、サッカーW杯の準決勝 クロアチア・イングランド戦。ピレ門をくぐった先の広場はパブリック・ビューイングの準備が整い、キックオフを今か今かと待っている人と観光客でごった返していた。2年前の7月。一言でいうと暑い。暑さでばてそうな空気に加えることの臨戦態勢の空気。

自由時間になった。大通りをを歩いてぶらぶら戻ろうとなった。

裏道に入った瞬間、自分の空気が変わった。すれ違う人、すれ違う人が“怖い”のだ。ただでさえ、臨戦態勢。されど、臨戦態勢。みんな不思議な笑みを抱えている。まさに臨戦態勢。広場に戻ってきた。パブリック・ビューイング用に作られたベンチで待つ。人は多い。数時間後に迫っているのかまだその数時間は数時間だから安心なのかがわからない。明らかに非日常。

ホテルについた。ドブロブニクから20キロ離れたチャッフタットというとこ。ついて部屋に入って、一刻でも早く試合に備えたい。トラブルが。部屋の場所がわからない。なんとか解決。

キックオフからずっと見ていた。試合中のことは覚えていない。試合結果は、2-1でクロアチアの勝利。試合が終わり、花火がなった。特別な夜だった。



翌朝、ドブロブニクを山の上から眺めた。実はドブロブニクではこの一枚しかとってない。連日の移動と暑さで写真を撮る力がなかった。ごめんなさい。

特別な思いをしたので、ブログにした。

今の願いは、ただひとつ。いろいろなことが無事で、自分が平穏な気持ちで、今夜の“魔女の宅急便”を見たい。そこだけ。

今年もまた、年度末最後の金曜の午後がはじまろうとしている。


夏の終わりの飯田線 2019

今年いったところ Advent Calendar 2019の12月4日の記事です。昨日12月3日は女學生さんの「フィリピンに行ってきました」でした。

毎年9月になると、飯田線に乗りに行きたくなる。飯田線の山と山の間の盆地をカーブしながら進んでいく飯田線を体感したくなる。夏のおわりに。

今年もそろそろやなと思って、それ系のことをスマホをちょっといじいじして調べてた。「まあなくて当然」と思って、立ち寄った金券ショップで「18きっぷ1枚ありますか?」ときいたら「ありますよ。」とのこと。考えなしで買ってしまった。全てはここから始まった。

スマホの乗り換え検索で1日過ごそうとしたが、やはり日程表は必要だと日程表を書き始めたのは前の日の夜。小海線にもそそられかけたが、それはまた次の機会に譲るとしてここは飯田線完乗。学生時代に完乗したことはあるが、途中からgdgdになった記憶しかない。

なんとか6時台の中央線に乗る。とりあえずまとまったニュースを聞きたい。とりあえずラジオ日経の日経電子版を聞く。なんとなくわかる。中津川をすぎると18きっぷユーザーが多くなる。みなさん、どこに行かれるのだろう。スマホとにらめっこしてたら、あっという間に塩尻。

時間はそれなりにあるが、したいタスクはある。秋の長野といえばりんご。案内所で果物屋をきく。結構歩いた。「りんごありますか。」と聞くと「りんごはまだ。」とのこと。梨を買う。豊橋まで6時間のりっぱなし。その前に腹ごしらえ。お昼はキムタクごはんと山賊焼き。おいしかった。


キムタクごはんと山賊焼き

飲み物などを買い出ししてまずは辰野駅に向かう。途中突然の雨模様。すぐに晴れた。


辰野駅から飯田線。結構乗っている。伊那市駅を過ぎたあたりから車内が落ち着く。建物が少なくなる。やっぱりカーブがたまらない。これが楽しみ。


トンネル内。電車内の「次は大嵐駅」の電光掲示板
おおぞれえきの駅表札

天竜峡で風景が変わる。山あいを縫うように走る区間に入る。スマホの電波も途切れがち。携帯ラジオをもってこればよかったかもしれないが、それもこんな山あいでは入らないだろう。あっという間に秘境駅。小和田(こわだ)駅。愛知・岐阜・静岡の三県の県境。車内では大撮影大会が待ってましたのように始まる。自然と会話も生まれるわけで。郵便屋さんも電車に乗り込む。以前、飯田線秘境号に乗ったときには携帯の充電切れで泣く泣く撮れなかったが今回は撮った。


電車は鳳来寺山の最寄り駅 本長篠・新城をあっという間に越えて帰宅客を乗せて、豊橋へ。長旅の終わりはいつも儚い。あれだけ楽しめたのに、もう終わりだ。豊川を越えて“ニッスイ”が見えて豊川を渡ってしまうとすぐに終着 豊橋。駅の看板を写真に収める。


東海道線も帰宅客。ちょっと旅気分なんだけど、現実モード。お金の計算をしたり、メールをみたり、FBを見たり・・・。いろいろしてたらすぐ金山。

また春かな。構想は少しずつ、少しずつ。

明日12月5日の今年いったところ Advent Calendar 2019はゆうぞうさんの「大阪メトロとお風呂のおはなし」です。おたのしみに。


夏の終わりの飯田線 2018

3年ぶりに“夏の終わりの飯田線”に乗ってきた。7月はじめに新聞のJR東海の信州に旅に行こうという企画の広告で「快速伊那ツインアルプス号」が名古屋伊那市間で運行されることを知った。これはのっかるしかないかなと思って乗ってきた。8月1日、座席指定券を買いに最寄りのJRのみどりの窓口に。無事取れた。決定。

起きたい時間には起きれたが、いつもの癖で玄関を出たのは少し遅かった。なんとか飯田行きの高速バスに乗り、なんとか落ち着く。中央道を東に走る。快晴ではなかったが、時おりやさしい光がのぞく。あーだこーだしているともう飯田についた。



りんご並木の道とかあるきたかったがあーだこーだしていると時間がない。飯田の次の桜町駅まで歩く。朝方雨が降っていたようだ。秋の気配もちらほら。飯田線に乗る。それなりに人が座っている。ラジオからの天気を確認し、あっという間に伊那大島につき降りる。

駅前の坂を登り、空が高く感じる。信州に来たのだと実感できた。ガラケー時代知らない場所に行くときには行きたいとこの地図を家のパソコンから印刷してたものだが、スマホになると地図アプリを立ち上げればいい。でも地図アプリを立ち上げて見ると高い確率で行きたいとこの裏に行き当たる。そのこと当人は学習しているのか。今回も道を間違う。誰も見ていないのに「間違っていませんよ」と素知らぬ顔できた道を戻る。田んぼが広がる。突如警報音。ビビる。「来週台風が来るかもだから農作物の管理には気をつけて。」とのこと。びっくりしたが平穏さを感じる。



旅といえばごはん。いろんな選択肢をちまちまとさぐったが、今回はごぼとん丼。中華風のあんにごぼうとお肉が絡めてありそれをご飯とどうぞという感じ。汁物もあったかな。飯田線の旅。時計を気にしながら、完食。駅へと向かう。時計も気になるんだが、見る暇も惜しい。10分前に着き、ふーとベンチで休憩。

乗り込む。ひるてっぺんの移動。あいてるボックス席を探すが満席。仕方なくドアの隣の横向きの席に座る。耳はいつもの日曜の。横向きながらカーブが心地よい。・・・あっという間に駒ヶ根・伊那市。

伊那市で降りるとふれあいウォーキングお疲れさまの幕に迎えられる。駅から一番近い神社を目指す。太陽の光がいい。気持ちよく前に進む。朝からの行動をふりかえる。あっという間だったな。道を間違えた?間違えれば戻ればいい。お参りもすみ無事駅に戻ってこれた。発車まで少し時間がある。売られている本のタイトルに目を通す。2時前。もう帰路につかねば。

中央線の旅

「快速伊那ツインアルプス号」に乗る。乗っていると結構ガラガラなことに気がつく。各主要駅で見送りの駅員に見送られる。塩尻を超えてからリラックスタイム。朝買ったコーヒーを飲んだり、聞きたいなと思っていたradikoのタイムフリーを聞く。外を見ると豪雨。快適な車内。目覚めの床をすぎ、30分余りの開かずの停車。あっという間に中央道の中津川の大きな赤い橋が見えた。


 

大雨の後、このままはれてよ。

 

もう一回ふるんかい。

これできっと大丈夫


東に向かうとともに空が明るくなってくる。「このまま晴れてくれ。」と思うが、叶わず。通り雨。そのあとは振らなかった。住宅地・森・・・これからどこか行くようないつもの旅の終わりに感じる感覚ではない感覚になった。飯田線の旅というより、中央線の旅になった。


庄内川を越え、下車準備をはじめる。ゆったりとした長い時間も終われば、消えてしまう。駅で下車するとき、あっけなく発車する姿をみてさみしくなった。

あっという間の一日を終え、また普段どおりのリズムに戻っていく。

帰路でこんなにワクワクした旅ははじめてだった。降りる駅に近づけば近づくほど強くなって、下車した瞬間に一気にさびしさが一気にきた。思えば、朝からずっと光が気になっていた一日だった。名古屋につくにつれ、晴れていった。

次はどこに行くのだろうか。


スイス

スイスに行ってきた。だらだら書いているとだらだらになるので。

長旅を終え、宿に入り今から観光という朝。山が迫り、日本でいうと温泉みたいな場所。さぁ始まる。



モンブラン。ロープウェイで上りついたら寒い。冬装備。



あの辺から登ってきたんだよ。人間のすること、すごい。



誰もいなくなったバスで。なにがどうなのかわからないけど。こっちでもあつそうな証拠を。パラリンピックも近いし。



小さな町を抜けると。見えてきた。それだけ。


雪を抱いた山 三角屋根のアバート 空き地

これはうれしかった。



夕方のマッターホルン。堂々と突き抜ける。



氷河特急 長旅のはじまり。



トップオブユーロ。しかと、この目で。



嵐の後の晴れ間。走っているバスに揺られるだけの人生も、たまにはいいよね。BGMは90年代初めのT-SQUARE。



こんな雲の重なり初めて。



チューリッヒ。長旅も最後。街歩きしたかった。


運河みたいな川をまたぐ橋の上から。川岸にはアパートが並んでいる。

いってはじめて感じること、みれることがあるから、また次のことを練りたくなる。次は何を感じに行くか。