30ページ目

栄ミナミ音楽祭 2013

もう連休明けの恒例行事になっております。今年は2日目のみ。エントリーによると2009年に初参加でそれから毎年参加しているので5回目!(エントリーとして書いてない年も含め。)

まずは昼。

前のエントリーとほぼ同じ条件下で、カレー南蛮牛丼を食べてみました。いやあ、満足。

ホコ天



夏だ。あつい。といいながらwktkしながら歩きましたよ。ものすごい開放感。歩き進めてガスビル前で「ラストソングを歌います」と聞こえたので立ち止まって聞いてみることに。大矢たけはるさんでした。聞き入ると音楽祭に来たんだなと。東海ラジオで番組しているそうだから今度聞いてみよう。

木下航志

ナディアパークのアトリウムにて。報道ステーションのテーマの松永貴志さんと混同し演奏中ガラゲーでひたすらwikiってました。早くスマホがほしいです。曲はカバーが多くてスティービー・ワンダーの「My Cherie Amour」なんかを。

奥華子

メインイベントでした。2月にライブに行った時、「しばらくライブは休みます。」といってたのでこんなに早く聞けるとは・・・。公開リハから華ちゃん節。何を歌うのかなと思ったら、ガーネット・初恋・バースデー。いつもの華ちゃんワールドなしでさわやかに。

いちど会場をはなれた。

岡本真夜

バンバンバザールのエンディングぐらいに再び矢場公園に。ベンチを探すが開いてない。しかたなく、階段の下の方に座るがいまいちしっくりこず、階段を登ってたってみることに。真夜さんが見えそうで見えない。残念だが、仕方ない。小学校高学年の頃にはやった曲を何曲か。ぼーと公園を眺めながら、空を見ながら・・・同じ歌詞でも20年前とは違うものが入ってくる。ゆうどきにそんな感覚にひたれるのが栄ミナミ音楽祭のいいとこ。

来年も!


焼きそば牛丼を食べてみた。

それは突然の出来事だった。魅惑の緑区から無事帰還した金曜日の夜だった。だらだらパソコンにかじりついてたら、TLに「焼きそば牛丼を食べてみた」の文字が。吸い寄せられるようにクリック。すき家からやきぞば牛丼が出ることはなんとなく知っていた。ページを読むと「炭水化物に炭水化物はあわない。タブーだ。」みたいな書かれ方をされていた。そのときはこんなことになるとは予想だにしていなかった。

その夜は普通に寝た。しかし、よく土曜日時間が経つにつれ、やきぞば牛丼への思いは強くなり続ける。タブーみたいな記事を読んだところでまだ食べていない。読む=食べるでも読解した=食べたでもなく口にいれることが食べる第一歩なんだ。記事を読んで「おいしかねぇ」と決めつけるのもいかがなものか。ランチを食べようと友逹を巻き込んですき家にいくことを決めた。

ごく普通に待ち合わせをしごく普通にごく普通なことをしていざすき家にあたかもごく普通に入った。頼むものは前日の夜に特盛と決めていた。健康セットをつけ注文完了。待ち時間ごく普通に過ごせた。

「はい。焼きそば牛丼健康セットです」ついにktkr。ソースをつけて、食べ方はじめ。ここまできたら、ただ食べるしかない。普通に食べれる。しかし、本能とは怖いものだ。焼きそば牛丼を食べているのに、焼きそばを先に食べていることに気がついた。これはいわゆるタブーな食べ物のタブーな食べ方なんだろう。焼きそばなんか普段店入って食べない。せいぜいイベントの出店で食べるくらいだ。そこがどうかという事だ。じつにおいしい。しつこくもなんともない。さらさらいける。さらさらいける。無心になって焼きそばを食らう。焼きそばがなくなっても牛丼がある!そこにプレミアム感がある気がした。一度で二度おいしい。期間限定だからまた食べれるかはあやしい。てか、期間限定のカレー南蛮牛丼も気になる。しばらくすき家通いが続きそうだ。