共通点を探して・・・。

このエントリーは、今年行った場所 Advent Calendar 2016障害者 Advent Calendar 2016の12月23日分のものです。

今年1年、障害がある人が創ったアート(ボーダレースアート・アールブリット・・・・)に折に触れ、見てきた。

近江八幡にある、ボーダレスアート・ミュージアム NO-MAに行った時のことを書きたいと思う。

外観は古民家 中に入るとあたたかな茶系の内装で受け付けの方が迎えてくれた。客は自分だけ。落ち着いて作品を見る。2階に上がる。

新聞の折り込みで入るようなチラシにある単語を切り抜いて、貼った作品が壁面いっぱいにあった。よく覚えてなくて申し訳ないが、言葉ひとつひとつを追っていくと、「生きる」ということについてよく考えている人だなと思った。次の瞬間目に入った言葉は“ドリアン”。

この言葉が目に入った瞬間、世界が変わった。“ドリアン”という言葉で思い浮かんだのは、中高生のころ毎週ラジオで聞いた『ドリアン助川の正義のラジオ!ジャンべルジャン』。?人生相談の番組だった。これも内容とか忘れたのだが、自分を育ててくれた番組だと思っている。

なぜ、こんなとこに“ドリアン”の4文字を置いたのか。知るすべもないが、作品の雰囲気からして、この作者も『ジャンべルジャン』を聞いてて、貼ったのではないかという自分の推察。あくまでも自分の勝手な推察。

共通点を見つける。知り合いに会って話す。・どこかに行く・なにかを鑑賞する・・・。いついかなる時も共通点を見つけるようとする。それだけで自分の心が満たされていくんだと思った。。いつもいつも誰かと話すとき、その人との共通項を探して言葉にして、なにかが始まる。

たまたま今回は運よくこんな体験ができた。ねじりにねじって相手との共通点を探せ。なんて言わないし、そういうコミュニケーションってきつい。それはよくわかる。

でもだ、なにか些細な共通点を自分で探して、それをもとにコミュニケーションをとる。そうやってはじまったやりとりはあとあと自分の財産になる。そういう体験を何回もしている。

“共通点を探して・・・。”これが今年1年障害者アートを求め巡り歩いてたどり着いたとこにふっとおいてあった言葉。また一周回ってきた感じだけど、そんなこと気にすることはないのだと思う。

障害者アートをめぐる旅はまだまだ続きそうだ。


ボーダレスアート

新聞を読んでいたら、ひと欄に「米田裕二さん」が載っていた。写真をとっていてこのほど沖縄旅行のドキュメンタリー映画が完成したらしい。その映画を見たくて調べたら、2月に名古屋で上映されるとのことだった。

映画『僕は写真で世界とつながる 米田裕二 22歳』を見に行った。自然体で旅行ドキュメントをみれたというのが感想だ。

映画をみて、米田さんの写真の世界に触れたいと思い、2月下旬に米田さんの写真展を見に、京都に行った。京都市内からやや大阪よりの八幡市ということで毎晩のように携帯片手に当日のコースを練っていた。検討の結果、行きは高速バスで、帰りは在来線を使うことにした。

会場の八幡市文化センターで写真展を見て感じたことも、“自然体でいいんだ”ということ。日常のふとした一コマなんだけどこの一コマを逃すともうそんなショットは来ないみたいなとこにぴたっとはまってボタンを押している。懐に入るみたいな感覚。でも、そんな何文字も使って表現するなんてナンセンスのような感覚。米田さんのお母様にも会うことができた。帰りは車で八幡市駅まで送ってもらった。ありかとうございました。京都市内まで戻る電車も車窓をみる余裕なく、ひたすら検索。一度京都駅に出ることにした。

昼からはぶらり嵐山の「今日、アール・ブリュットを考えてみる」を見た。絵があったり、写真があったり。誰にでも人にはわからないんだろうけど大切にしているものってあると思う。そういう写真。そういう解釈を自分はした。

京都駅から名古屋までは在来線。あんなことこんなこといろいろ考えたけど、考えつかれて何を考えたのか忘れた。旅の前も旅の後も忙しい。役割について考えていた。自分、障害のある人、そして支援者・・・。それぞれの思いはあるけどそういうことがうまく重ねるときも重ならない時もある。自分の思考はもっと複雑だったと思うけど、概すればそんなとこだったのだろう。その時、ラジオで聞いたNakamura Emiさんの“Yamabiko”という曲を思い出した。


4月にもボーダレスアートフォーラムボーダレスアートについての評論会に参加した。

ボーダレスアートという言葉にアンテナを張ってた数ヶ月だった。いろいろな事例にふれて、いろんなことを考えた時間だったがいまいちまとまってない。しばらく時間をおいてまた考えたいと思う。その時がくるまでまた寄り道をたくさんしようと思っている。

この間にまとめたもの

障害者アートを巡る旅
http://togetter.com/li/943439
ボーダレスシンポジウム20160416@愛知・瀬戸
http://togetter.com/li/963584


0か1かじゃない!

このエントリーはWeb Accessibility Advent Calendar 2015に参加しています。昨日12月9日は、sukoyakarizumuさんのHTML - ヘッダーを固定した表のアクセシビリティ - Qiitaでした。

今年、デザイニングWEBアクセシビリティという本が刊行された。その刊行を記念して、著者の大田さんと井原さんが秋口にはスクーで、秋には名古屋でセミナーを開講され、私も受講した。その中で大田さんは「アクセシビリティは0か1ではない」としきりに言っていた。

「◯◯を理解する。」ってなんだろうか。知らないことを見たり学ぶことは楽しいし、知った瞬間は「今後に活かせそう。」とか「広げたい」とか「なごんだり」できる。快感である。

知識を行かさなければいけない時は不意打ちでくる。そのたびに自分が持っているものを総動員して〈こと〉にあたる。ことがこれから大切になればなるほど、ひとつひとつのことをスピードを持って判断しなくてはいけない。この無情さはなんなのだろうか。

準備を万端にして行っていざその場にいったら準備がまったく役立たなかったこともよくある。泣きべそかきながらなんともなかったように対処することもあるだろう。対人。対自分。対その場の空気。

どんな子供時代を過ごして、どんな勉強をして、どんな生活をして・・・・会う人会う人にそれを聞くことはできない。バックボーンが違うから、そこからいろいろな視点が生まれてその積み重ねが社会を作っている。そのことを踏まえるか踏まえないかでだいぶ違うと思うのだ。知らなかったことは知らなかったで別にいいと思う。そこばっかり恥ずかしがって、それを隠そうとしているから、そのことの本当のシーズが見えなくなっていることが多いのではないか。

お願いだ。「その場で否定する」ことだけはやめてほしい。たぶん否定した人たちは忘れていると思うが。想像してとか知識を持ってとかは言わない。〈可能性〉を持たせて欲しいのだ。何がどうなるとかその時にはわからない。けれど、何かがどうなるかもしれないのだ。わからなければ、人に聞くなり、検索すればいい。そこは素直にきればいい。知らなかったことにこだわってそこを恥ずかしがるから、本当のことが見えてこない。聞けば、ていねいに丁寧に教えてくれるはずだ。

そして思いっきり試行錯誤すればいい。おもいっきり。最終的に、うまくいかなかったり負担がかかるようなら無理にとは言わない。

やるかやらないか。0か1だけではないはずなのだ。

明日は、nintaroさんの“知らない世界”を知ることが容易になった世界で。です。


アクセシビリティからはじめる、WebサイトのUXデザイン に参加してきました。

日時 2015年10月24日
場所 河合塾学園 トライデントコンピュータ専門学校
講師 BA太田さん、Gaji-Labo山岸さん

アクセシビリティからはじめる、WebサイトのUXデザイン に参加してきました。アクセシビリティ関係のセミナーは久しぶりでこの秋受講したいなと思っていたところ、名古屋でのセミナー開催を知り申し込みました。大田さんはこの夏『デザイニングWEBアクセシビリティ』という本を出し秋口にスクーで連続授業をされていました。大田さんの話が聞けるということで楽しみにしていました。

冗長なaltと組織図問題

大きな組織になると、組織図をホームページに掲載するシーンがあるけど、altなりキャプションはどうするかなという話もでました。視覚障害者への図の情報提供は難しいです。スクリーンリーダーでの読み上げ時のこともありますが、点字で提供された表でさえも点字を掲載するので紙が大きくなるのもあり、表全体の把握することが難しいという話も聞いたことがあります。組織図の例で行くと・・・
(1)全部かく。
(2)主な役職だけかく。
が紹介されていました。


 

組織図 イメージ


この他にも、
必要でしたら、以下連絡先までお問い合わせください。連絡先◯◯◯と記述してもいいですね。


cssでの画像置換は避けて!

意味のある画像はcssで指定するのではなくHTMLに書き出しましょう。

カルーセル問題

案件でやったことはないのですが、トップページで画像を3から5枚あって勝手にスライドしていくやつです。
(こんな説明で分かる人いるのか?)
この手法はまずスククリーンリーダーで読まれない。
その上で・・・
この手法はしばしばサイト所持者の政治的利用に使われる
サイト所持者の怠慢でトップにのせる順番を決めれないときにつかわれる手法
↑部署間の対立を抑えるための政治的利用←サイト所持者の怠慢
肢体障害の自分でも使いにくいです。クリックしようとすると次の画面に行ってしまうケースが多々あります。

自分に(が)できること

セミナーの最後は“自分にできること”を付箋に書くワークでした。この頃はあまりコードをガリガリ書かないので、すぐに思い浮かびませんでした。しばらく考え以下のことを書いてみました。

・変な画像説明を改める
・コントラスト比について調べてみる
・NVDAのシュミレーターをみる

冒頭に書いた冗長なaltをつけないのは今後きちんと徹底させたいです。何でもかんでもaltをつけるのではなくきちんとスクリーンリーダーユーザーにもページ全体の構成がわかるようなalt付けを心がけたいです。
JIS8341が制定された時のWCANで取り上げられたコントラスト比これも改めて調べてみたいと思いました。
自分のパソコンに入っているNVDA。シュミレーター機能があることは知りませんでした。
もう1つ思いついたのが、大手企業ページのアクセシビリティポリシーを見てみる。企業ごとで書いてある内容も違っておもしろい様です。

最後に、じゃんけんで『デザイニングWEBアクセシビリティ』をもらいました。どうもありがとうございました、

障害を持つ身として「アクセシビリティ大事だよね」とわかっているつもりなのですが、実作業でなかなかとりくめていないなぁという中で参加したセミナーで、次にすることも見えてきたと思います。
大田さん・山岸さんありがとうございました。

考える場所、必要ですね。


「行き着く先はどこなんだ? 」

こちらのブロクでは、お久しぶりです。こことは別にアメブロで月1で更新しているブログがあります。先月8月は、安保法案の議論から話をはじめました。記録として残しておきたいので、こちらのブログでも書いてみます。

エントリー内でも少しふれましたが、7月あたりからの国会での議論。ただ、反対とか廃案を叫ぶ前に、国会での議論を見守って新聞をきちんと読むことを心がけました。

その結果、ただそのことにしか興味・関心がいかないようになりました。なにか大きな敵に立ち向かうことが生きることのすべてみたいな。そういう思いを客観的に見れた時があったんですよ。客観的に見れて自分の思考の怖さ・恐ろしさにも気がつけました。こういうことが戦争につながっていくんだと自分の中で確信しました。

行き着く先はどこなんだ? - Chabinのひとりごと


RSS 2.0 Login